人気ブログランキング |

カテゴリ:高血圧( 4 )

高血圧について。その4

        
           あなたの血圧の薬はどのような種類?

   利尿剤・・・体内のナトリウム量を減少させ、血管内を循環する血液量を減らす
         ことで血圧を下げる薬です。
      例)ダイクロトライド、フルイトラン、バイカロン、ナトリックス
        ラシックス、ルプラック、アルダクトンA、トリテレン
   β遮断薬・・・心臓の収縮をゆっくりさせて、血圧を下げる薬です。
      例)カルビスケン、サンドノーム、ミケラン、ミケランLA、インデラル
        インデラルLA、セレカル、セロケン、セロケンL、ロプレソール
        ロプレソールSR、テノーミン、セレクトール、ハイパジール
        メインテート、ケルロング、カルバン、
   


   α遮断薬・・・血管を拡げて血圧を下げる薬です。
      例)ミニプレス、デタントール、デタントールR、
   αβ遮断薬・・α遮断作用とβ遮断作用の両方の作用をもったものです。
      例)アルマール、アーチスト、ローガン
   ACE阻害薬・・・血管を収縮させる物質を生成する酵素の働きを抑えて、
         アンギオテンシンⅡの産生を抑えて、末梢の血管を拡げて
         血圧を下げる薬です。
      例)カプトリル、カプトリルR、レニベース、インヒベース、
        ゼストリル、ロンゲス、チバセン、タナトリル、エースコール
        コナン、オドリック、プレラン、コバシル
   AⅡ受容体拮抗薬・・・血管を収縮させる物質が、血管の特定部位に結びつくのを
           防ぎ、血管収縮作用抑えることによって末梢の血管を拡げ血圧を
           下げる薬です。
      例)デイオバン、ニューロタン、ブロプレス、ミカルディス、
        オルメテック、アバプロ、イルベタン
   カルシウム拮抗薬・・・血管や心筋を収縮させるカルシウムの血管の細胞内への
              流入を阻止し、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。
      例)ヘルベッサー、ヘルベッサーR、ペルジピンLA、ワソラン、
        ニバジール、バイミカード、バイロテンシン、カルスロット、
        コニール、ヒポカ、ノルバスク、アムロジン、ランデル、
        アテレック、シナログ、カルブロック
   血管拡張薬・・・末梢の血管平滑筋に調節作用して血管を拡げ、血圧を下げる薬
           です。
      例)アプレゾリン、アピラコール、ブテラジン、カドラール、
        プレスモード
   中枢性交感神経抑制薬・・・脳の特定部位を刺激することによって血管が収縮する
                神経の緊張を抑え、末梢の血管を拡げて血圧を下げる
                薬です。
      例)アルドメッド、カタプレス、ワイテンス


◎今回で高血圧については一応終了ですが、これからの寒い季節は気温差や入浴時
  など気をつけるとともに、塩分の取りすぎや、運動不足にならないなどの注意も大事です。



参考資料 日水製薬研修会より

by taiyoudo52 | 2008-11-25 19:46 | 高血圧

高血圧について。その3

 
5 血管を開く生活とは?

 Ⅰ 塩分は8分目、カリウムをたっぷり
   塩分のとりすぎは即、血圧の上昇につながります。食事と同じく塩分も8分目を
   目標に。1日の塩分の量を男性10g未満、女性8g未満とされていますが、
   降圧薬を服用している人は1日6g以下をめざしたいところです。
   カリウムはバナナ、りんごなどの果物の他、切り干し大根、ほうれん草、
   さつまいも、ひじき、大豆などにも豊富に含まれています。


 Ⅱ 腹8分目の実行  
 健診で異常とでた項目がある人、血圧が高い人は特に 標準体重まで減らしておくこと
が 大切です。体重を減らすだけで血圧がさがることも多いのです。
最初は物足りなく感じても、しばらく続けていると胃が縮んできて、早く満腹感を感じるよう
に なります。
減量は、血管に負担をかけないよう、1ヶ月に1.5kg~2kgのペースで行ってください。


 Ⅲ 禁煙の実行 
  タバコには血管を老化させ、血圧を上げる害もあります。
  ヘビースモーカーは タバコを吸わない人に比べ心筋梗塞をおこす確立が2倍以上高まる   という報告があります。一方で、禁煙を5年間続けることで、吸わない人と同じ確立まで
  低下させるという報告もあります。

 Ⅳ 早歩き20分を週2回 
   運動は血圧を下げ、血流を促進します。肥満の防止や血管を拡張させる作用も
   あるため、ぜひ実行しましょう。いつでもできて続けやすいのは歩くことです。
   大きく手を振ってリズミカルに手足の筋肉を伸び縮みさせると全身の血液循環が
   よくなり、末梢血管が開いて血管の抵抗が減ります。運動の効果は4~5日持続
   するため、週2回20分を目安に。10分ずつ2回行っても効果は同じです。

 アルコールは適量を守る 
   飲酒を続けると血圧をあげます。 また飲みすぎは血小板を固まりやすくし血液
   をドロドロにします。しかし適量であればむしろ血管事故を防ぐというのが、
   専門家の一致した見解です。適量はビールなら大瓶1本、日本酒なら1合、ワイン
   ならグラス1杯程度。そして週に2日は飲まない日をつくり、アルコールを分解
   している肝臓を休ませてあげましょう。

 Ⅵ 入浴は38~40℃の湯で   
   入浴には全身を温め、血管を拡張させ、血圧を 下げる作用があります。
   42℃以上の熱い湯は血圧を上げてしまうので、38~40℃のぬるめの湯で
   温まりましょう。
   脱水症状をおこすと血液が固まりやすくなるので、湯につかる時間は5~6分、
   入浴全体の時間も15分程度にとどめてください。特に冬には浴室はあらかじめ
   温めておき、心臓から遠い下半身、上半身の順にかけ湯をしてから湯につかりま
   しょう。湯上り後の水分補給も忘れないでください。


                      参考資料(日水製薬研修会より)

by taiyoudo52 | 2008-10-25 15:50 | 高血圧

高血圧について。その2

 

高血圧の人→心臓や血管の事故を起こす確率は、健康な人の3倍になると云われています。

  高血圧に高脂血症が加わると⇒ 3×3=9倍
  高血圧・高脂血症・糖尿病⇒3×3×3=27倍
  高血圧・高脂血症・糖尿病・喫煙⇒3×3×3×3=81倍になります。
  従来は動脈硬化が始まると血管の老化は進むばかりで改善されないと考えられて
  きました。⇒近年は動脈効果が改善されることと、血管年齢が若返ることが分かって
  きました。先ほどの3倍の法則で考えれば、1つの原因を改善すれば、3分の1ずつ
  効率よく危険率を低下させることが考えられます。
                   ↓
  特に重要なのは血圧管理で、生活習慣の改善により、上がってしまった平均血圧や
  脈圧、悪玉血圧を下げることができれば、相互作用によって、血管もよい状態に保て
  るようになります。近い将来は善玉、悪玉を考慮に入れて降圧薬の効果を判定したり、
  生活改善のメニューを考えるなど、新常識に基づいて、血圧を管理する時代が予測
  されます。

4 白衣高血圧と仮面高血圧

  白衣性高血圧とは、自宅で通常血圧を測定する際には、それ程高くないのに、病院で
  先生の前で測定すると血圧が上昇してしまっている状態です。


  仮面高血圧とは白衣性高血圧とは逆に、先生の前で測定する際には通常の測定値を示
  しますが、実は夜間や明け方など血圧が上昇してしまっている状態をいいます。後者
  の仮面高血圧は心筋梗塞や脳卒中などのリスクが通常よりも高まることが知られてい
  ます。仮面高血圧は以下の3つにわけることができます。

<仮面高血圧の種類>


 モーニングサージ型・・・睡眠中の血圧は正常ですが、目覚める頃から急上昇し、その
 後再び正常血圧に戻ります。動脈硬化によって血圧をうまく調節できなくなることが原
 因です

 夜間高血圧型・・・血圧が高い状態が睡眠中から朝まで続き、その後正常血圧に戻りま
 す。心不全や腎不全のある人、自律神経障害のある人、睡眠時無呼吸症候群の人に多い
 といわれています。

 職場高血圧・・・夜間や早朝の血圧は正常ですが、昼間仕事をしている間に血圧が高く
 なります。仕事による精神的なストレスに疲れなどが重なることが原因です。

                          参考資料(日水製薬研修会より)

                       次回へつづく。

by taiyoudo52 | 2008-10-16 17:29 | 高血圧

高血圧について。その1

恒例になりました太陽堂薬局とお客様との勉強会で、今回は高血圧について学習しました。
勉強会の内容を何回かに分けて掲載いたします。

          高血圧について その1
    
1  血圧って何?
  人間の体じゅうに張りめぐらされている血管には血液をスムーズに流すため
  常に圧力がかかっています。血液が内側から血管壁に及ぼす圧力のことを
  血圧といいます。

  収縮期血圧(最大血圧又は最高血圧)
  心臓がギュッと縮むと血液が体全体に送り出され、血管は流れ込んだ血液によって
  押し広げられます。このとき血管に高い圧力がかかります。これが収縮期血圧です。

  拡張期血圧(最小血圧又は最低血圧)
  心臓がふくらむと全身に流れた血液は心臓に吸い込まれるように戻ってきます。高い
  圧力によって押し広げられた血管は、反動で元に戻ろうとします。血管にかかる
  圧力は低くなります。これが拡張期血圧です。

2 血圧を上昇させる要因
  血圧=心拍出量(心臓が1分間に送りだす血液量)×末梢血管の抵抗
☆血管の抵抗を決めている最も重要なものは血管の弾力と血管内の広さです。
血管が弾力をなくしたり、血管の広さが狭くなると血圧が高くなります。
特に血圧上昇に影響するのが、細い血管である末梢血管の抵抗性です。
その他、血液が粘り気を帯びてきたり、循環する血液量が増加することも
血圧を上昇させる要因です。
  
   動脈硬化・・・上記の記載のように血管の弾力性がなくなり、血管が固く
          縮こまった状態になっている状態です。
          過度のストレスに見舞われても動脈硬化と同じ状態に一時的
          になります。
          
   動脈硬化は細い血管から始まり、やがて太い血管にも進行していきます。
   そのためまずは平均血圧が上昇し、続いて脈圧が高くなっていきます。
   年齢を重ねるにつれ、太い血管の動脈硬化が進行すると脈圧の上昇が平均
   血圧を上回るようになります。その結果、下の血圧が下がってしまいます。

  

3 血管年齢とは?
  血管年齢は血管の素材だけでなく、機能も含めて、実年齢相応か、老けているのか、
  若いのかを示すものです。

  実年齢よりも11歳以上老けている人⇒高血圧・糖尿病・高脂血症の可能性がありま
  す。               ↓
  血圧140/90mmHg以下、コレステロール値220mm/dl、
  空腹時血糖110mg/dl以下であることを確認することが重要です。
                   ↓
  これらの数値が高い状態が続くと心筋梗塞などの血管事故リスクが高くなるからです
  血管年齢が20歳以上も老けている人はすでに動脈硬化が進行している可能性が高い
  といわれています。

  血管にかかわる病気の怖い所は、なんの自覚症状ないまま突然襲ってくることです。
  しかも、そのリスクは、生活習慣病が重なると3倍の法則でアップします。

参考資料(日水製薬研修会より)
                                           次回へ つづく

by taiyoudo52 | 2008-09-24 19:18 | 高血圧