人気ブログランキング |

カテゴリ:養生について( 5 )

熱中症に注意。

今夏は記録的な暑さです。
毎日、熱中症で亡くなった方のニュースが報道されています。

適度の水分や塩分の補給、エアーコンの使用や窓を開放して適度な室温や除湿
なども、毎日テレビでも注意をうながしています。

以上のことは当然気を付けるべき事ですが、普段からの食事のバランスが悪くて色々な
栄養素、ビタミン不足の高齢者が多いことにも注意が必要です。

日本古来の食事である味噌汁や漬物、梅干しなどは適度な夏場の塩分と水分のバランス
をとっていたのが、最近の欧米食化で乱れているのも昔より、熱中症の重症化が多い
一因だという人もいるくらいです。

日本人は最低1日1回は日本食をと血管系の著名なドクターも言われています。
熱中症を機会に毎日の食事を見直してみるのも良い機会です。

とはいえ、多忙な生活に追われて食事も理想どうりいかないのが現実という人が
大半です。そんな方の熱中症対策のお手伝いににアミノ酸をおすすめします。

太陽堂薬局では吸収の良い良質のアミノ酸製剤であるコンクレバンをお勧めしています。
三十数年、子供から妊産婦、お年寄りまでのめることで、長年の家族ぐるみの愛飲者が
多いです。

食事もできるだけ気をつけて、コンクレバンをご利用ください。
f0147666_9575319.jpg

by taiyoudo52 | 2010-07-31 19:53 | 養生について

冷え性とアミノ酸

今年は予想に反して、寒さが厳しいですね。
特に冷え性の人には、つらい時期です。
先日、有名なテレビ番組で、冷え性の人の食事対策を取り上げていました。
内容は、日頃から、冷えの症状が厳しい女性が毎食時の総カロリーの40%を
タンパク質にしたところ、2~3日後には重症の冷え性が驚異的に改善された
との事でした。
太陽堂薬局も日頃から、来局されるお客様には時間が許す限り、食事の大切さを
お伝えしておりますが、番組をみて改めて医食同源ということを、意識しました。
良質の血液を肝臓にためて、それを抹消血管の隅々までながすことが冷え性や
他の病気の予防、治療につながります。
番組でも取り上げておりましたが、冷え性の予防には、あまり果物や生野菜は、
とりすぎないで、身体を温める根菜類や、温野菜をおすすめします。
また、唐辛子やその他生姜、ニンニクなどの身体を温める香辛料を摂取したあとも
体温が上昇していることも、実証されていました。
東洋医学では、五味五性という形でとても大切な条件の一つになっています。
冷えのある人や、寒い時期には、暖める食材を、また、暑い時期にはからだの
熱をとる食材というように、そのためにも、旬というのが大切です。
しかしながら現代は、旬という言葉も段々聞けなくなりそうで残念です。
こんな私も実は、寒くなると手足が冷えやすい一人です。
そこで、番組を見た翌日から、早速意識して、1日3食に毎回、タンパク質を40%以上
摂取するようなメニューにしたところ、2日後位からとても良好な結果が出ました。
しかし残念なことに、多忙のため夕食以外は、なかなか難しいことが解りました。

そこで気がついたのは、昔から私どもの薬局で扱っているアミノ酸製剤のコンクレバン
という高タンパク質、低脂肪の栄養剤でした。
この製剤は、もう41年間も愛されてきた天然のアミノ酸で、妊婦さんも安心してのめるものです。
勿論、時間のある方や、お料理の好きな方は、お食事から毎回きちんととられると、冷えもだいぶ改善されるはずです。
しかし、主婦業だけでなくて働いていて時間のない方や、胃腸の機能が弱くて食事から吸収しにくい人には、是非、コンクレバンをお勧めします。

また、明日は関東地方も雪の予報です。
今夜は鍋物でもして、ご家族もあたためましょう。

by taiyoudo52 | 2008-02-11 18:54 | 養生について

インフルエンザにご注意

最近の急な冷え込みと空気の乾燥で、インフルエンザが流行しやすい環境になっています。
寝不足や偏食にならないように、また、外出や仕事の帰宅後は、うがいや手洗いを、心がけましょう。日頃より体力に自信のない方や、多忙でやむなく睡眠不足や食事が偏りやすい方には、
天然のアミノ酸、コンクレバン等で体力をアップされることも、おすすめします。

by taiyoudo52 | 2007-11-28 19:48 | 養生について

季節の変わり目にご注意

今年は、夏から秋への温度差が不自然で、いつまでも暑い日が続いていましたが、2~3日前から朝晩、急に冷え込んできたようです。

身体のほうは、急な気温差につていけなくて、自律神経も失調しやすく、また、東洋医学的には、寒凝収引といわれ、血液循環や新陳代謝の機能が低下し、筋肉や筋を収縮させ、痛みなどを起こさせます。

特に、基礎体温が36℃以下の人は、要注意です。
日頃から、冷たい飲食を控え、身体を温めるような、良質のアミノ酸や根菜類等を多くとるようにこころがけましょう。

又、ウオーキングや体操などで抹消の血液循環を改善することも大切です。

by taiyoudo52 | 2007-11-10 19:01 | 養生について

そろそろ、風邪のお客様が増えてきましたね

今年の夏は暑い日が続きましたが、最近は朝と晩の気温差も激しくなり、体調を整えるのが難しいですよね。のどの違和感(イガイガ)などを訴えて来局される患者さんも若干増えてきているようです。

うがいだけでもかなりの予防が出来るようです。お水やぬるま湯のままでも効果がありますし、お塩を加えてもよりいいとは思います。

ただ僕のお勧めはお茶ですね。特に日本茶には殺菌効果があるんですよ。
うがいからお茶を使用して、いろいろなお茶をためしたり、飲んだりするのも楽しいですよね。

とにかくうがいを通じて、風邪症状などを予防して、楽しい秋を送りたいものですよね。
秋は食事、景色ともに充実していて、個人的には一番好きな時期ですね。
みなさんとともに、いい秋を送りたいものですね。

by taiyoudo52 | 2007-10-11 18:28 | 養生について